· 

ロジウムメッキ

ロジウムとはプラチナと似た性質を持つ貴金属の一つです。

色が白くとても固い為、ジュエリーのメッキに多用されますが、何故わざわざロジウム鍍金をするのでしょうか?

 

☑ 色を白く輝かせるため

☑ 表面を保護するため

ホワイトゴールドとは金に白い金属を混ぜた合金です。詳しくはこちら。いくら白っぽくなっても金の色は完全には消えず少し黄色みがかって見えます。そこで出来上がったジュエリーにロジウムメッキをかけることで光り輝く白い金属のジュエリーに仕上がります。又非常に硬い金属なので表面の保護にもなります。

このようなホワイトゴールドのジュエリーを長年着けているとだんだん黄色っぽく見えてくる事があります。これは表面が擦れてメッキが剥がれ、地金の色が見えてきた証拠です。このようになったら新品仕上げをする事で新品同様の輝きが戻ってきます。

 

写真:イエローゴールドのジュエリーをお持ちのお客様がリメイクにいらっしゃいました。デザインは気に入っているのだけどあまり金色のジュエリーを着ける事がないので何とかしたいとの事でしたので、それでは全てにロジウムメッキをかけてしまいましょうとご提案。リメイクをするよりもずっとお安く新たなジュエリーを手にされ、大変喜んで頂きました。